逆流性食道炎の治療

0
逆流性食道炎の治療法


逆流性食道炎の治療は、生活習慣の改善(食事療法)、薬物療法、手術療法となります。

  • 薬物療法・・・逆流性食道炎の治療の中心の治療法で飲み薬が使用されます。
  • 食事療法・・・症状をやわらげる対症療法が中心に行います。
  • 生活習慣の改善・・・食生活の見直しや腹圧の上昇を抑えて改善させます。
  • 手術療法・・・あまり一般的ではない治療です。
逆流性食道炎の薬物療法
薬の名前 効果効能
胃酸分泌抑制剤 プロトンポンプ阻害薬(PPI)H2受容体拮抗薬(H2RA)の二種類の薬で胃酸の分泌量を減少させる
消化管運動機能改善剤 食道の運動機能を改善して胃酸が逆流しにくくする
消化管の運動を活発にして長時間食物が胃に留まらないようにする
制酸剤 胃酸を中和して症状を軽減させる(速効性はあるが作用時間が短い)
粘膜保護剤 食道の粘膜を保護して、炎症を起こした粘膜を修復する

一般的には症状の状態に応じて、このような飲み薬を組み合わせて服用します。
医師から処方された薬は、必ず医師や薬局の指導のもと服用しましょう。
また、用法・用量を正しく守ってください。

逆流性食道炎の生活習慣の改善

逆流性食道炎の治療と予防には、生活習慣を改善することがとても重要になります。
まず、食生活の見直しをしましょう。
欧米化した食生活や食物の過剰摂取は胃の活動を活発にし、胃酸の分泌を促進するので、胃への刺激が少ないものを腹八分目程度に抑えて摂取することを心がけてください。

また、腹圧の上昇を抑えることも大切です。
腹圧の上昇は胃を圧迫するので、胃酸の逆流の原因になります。
具体的には、ベルトでお腹を締め付けすぎない重いものを無理をして持たない肥満に気をつけるなどです。

逆流性食道炎の手術療法

薬物療法で効果が出なかったり、重症の場合には腹腔鏡手術内視鏡手術などの外科的手術を行うことがありますが、あまり一般的ではありません。

次のページで、逆流性食道炎の治療費と入院期間について詳しく解説いたします。