低用量ピルの効果と日本での服用

0
低用量ピルのこと知っていますか?
生理痛、生理不順、ニキビにも効くOC(*)

*OC=Oral Contraceptivesの略で低用量ピル経口避妊薬)のことです。

低用量ピルが避妊薬ということは知っていても、女性の健康と美容に役立つ効用を知らない人も多いのではないでしょうか。

副作用が心配」「太るのでは?」との疑問があって服用に消極的な人がいるのも事実です。

上手に利用すれば女性にとってメリットが大きい薬、元気キレイを目指す女性のために役立つ低用量ピルの情報をお届け致します。

日本はピル服用ではこんなに遅れていた

現在、全世界で低用量ピルを服用してる人は約1億人
日本で低用量ピルが発売されたのは、アメリカに遅れること、なんと40年、 1999年9月からです。

低用量ピルが国に承認される前は、 日本では高用量中用量ピルしか使えず、副作用も問題となっていました。

【ピル】というと、私たちがまず副作用をイメージしてしまうのは、その時代の印象が強いからかもしれません。

そのせいか日本ではいまだに服用率1%です。

一方、 日本を除く先進国では約20%の女性が低用量ピルを服用しています。
発展途上国を含めた全世界でも14.5%の女性が服用していて、ポピュラーで安全な薬と認知されています。

にもかかわらす、先進国で日本だけ服用率が低いのはなぜなのでしようか。

私たちにとって低用量ピルは、避妊薬というイメージが強い薬ですが、実は、生理痛生理不順ニキビ肌荒れに効果があり、不妊症子宮体がん卵巣がんの予防にもなるなど、避妊以外に様々な効用がある薬です。

また、生理が軽くなる生理日をずらすことができるなど、働く女性にとって便利なことも多いといいます。

先進国の働く女性の常識に遅れを取らないために、【低用量ピル】について知ってみませんか。

世界のピル事情

海外の女性たちはこんなにピルを飲んでいます。

使用率(%)
ドイツ 59%
オランダ 49%
フランス 36%
オーストラリア 24%
スウェーデン 23%
アメリカ 15%
中国 3%
日本 1%

ピル先進国フランスで行った調査で「この20年間で女性の人生を変えることに最も貢献したことは?」の問に、フランス人女性の60%が「ピルを利用した避妊」と答えています。
日本だけこんなにも服用率が低いのは、私たちに低用量ピルに対する知識が少ないからかもしれません。
このままでは、ピルへの認識が世界の常識から大きく遅れてしまいます。