子宮頸がん・子宮体がんとは

100136
子宮頸がん・子宮体がんについて


女性の身体の構造から、特に深刻に考えられている女性特有のがんに「乳がん」と「子宮がん」があります。「子宮がん」は「子宮頸がん」と「子宮体がん」の2つに分けられます。

がんというと高齢の方が気をつける病気だと思われがちですが、最近では女性特有のがんは低年齢化が進み、20代30代でも発症するケースが増えてきています。

しっかりと知識を身につけて、自分の身体は自分で守るように気を付けましょう。

子宮頸がん・子宮体がんとは

前述の通り子宮がんは、子宮は女性にしか無い特別な臓器である子宮のうち、子宮頚部と呼ばれる子宮の入り口にできる「子宮頸がん」と、子宮体部と呼ばれる子宮の奥にできる「子宮体がん」の2種類に分けられます。

子宮頸がんは子宮の入口である子宮頸部の上皮に発生するがんで、子宮体がんは子宮の奥にあたる子宮体部の内膜から発生します。

子宮頸がん・子宮体がんは進行してしまうと子宮や周りの臓器を摘出しなければならなくなったり、最悪死に至る場合もあります。

最近、特に子宮頸がんの若年化が進んでいます。
これまでは40代で多く診断されていたのですが、最近では40代以上は年々減少傾向にあり、20代から30代での発症が増えてきています。

子宮体がんは依然として50代から60代の高齢者に多いですが、最近では、子宮頸がんほどではありませんが、すべての年齢層で見られるようになってきています。


次のページで、子宮頸がんと子宮体がんの症状について詳しく解説いたします。