子宮頸がん・子宮体がんの治療

4855
子宮頸がん・子宮体がんの治療について
子宮頸がん

子宮頸がんの治療方法としては、早期の場合は、子宮の入口の頸部を一部切り取る円錐切除術が一般的です。
この場合、妊娠のための機能は残りますので、妊娠や分娩は可能です。

がんの進行度合いによって、体部を含めた子宮全体を摘出する単純子宮全摘術の一部と子宮の周りの組織も含めた広い範囲で摘出する広汎性子宮全摘術が考えられます。

その他には、放射線によりがん細胞を殺して腫瘍を小さくする放射線療法や、抗がん剤によりがん細胞を殺す化学療法があります。

子宮体がん

子宮体がんの治療法で一般的なのは、子宮を摘出する単純子宮全摘術となります。

子宮体がん検診で疑陽性や陽性の結果が出た場合は、詳しく調べるために内膜組織診という検査を行います。

検査の結果が単純子宮内膜増殖症だった場合は、そのまま様子を見る、またはそれ以上進行しないようにピルで調整をするなどの治療を行います。

子宮内膜症の詳細はこちら >

それに対して、検査の結果が複雑型異型内膜増殖症だった場合は、前がん状態ですので、単純子宮全摘術を行い、子宮をすべて摘出します。

まだがんにはなっていないため、周りに広がったり転移したりしていませんので、子宮を取ることによって完治が期待できます。

将来妊娠を希望している場合などではホルモン治療を行う場合もあります。

子宮体がんという検査結果が出た場合は、がんの広がり具合を確認し、子宮や卵巣、周辺のリンパ節を摘出する手術を行います。

また、子宮頸がん同様に放射線治療抗がん剤による化学療法を追加する場合もあります。

次のページで、下腹部の不調の原因について詳しく解説いたします。