よく耳にするメタボの基準とは

隠れメタボ

そもそもメタボって何?

メタボ」という言葉は、テレビや新聞、インターネットでもよく見かけます。
メタボは「メタボリックシンドローム」の略で、糖尿病をはじめとする、生活習性病の前段階の状態を示すものです。

具体的には糖尿病の境界型や、高血圧・脂質異常症・肥満などが、程度が軽くても重なって起こると糖尿病の発症ならびに心臓や血管の病につながりやすいといわれています。

車社会やデスクワークが中心で運動不足となり、栄養が豊富な現代において、メタボの人が増大している事が問題となっています。

どのような人がメタボリックシンドロームなの?

では、どのような方がメタボにあてはまるのでしょうか?

メタボリックシンドロームは、内臓肥満高血圧、脂質異常、高血糖などが組み合わさった状態の事をいい、次のような基準があります。

一定以上の腹囲(へその高さで腹囲が男性85cm以上、女子90cm以上)がある事が必要項目となっています。
これに加えて、血圧・空腹時血糖値・脂質(中性脂肪・HDLコレステロール)のレベルのうちいずれか2つ以上があてはまると、メタボリックシンドロームと診断されます。

必須項目 腹部肥満(腹囲)※が男性85cm以上 / 女性90cm以上
2項目以上 血圧
130/85mmHg以上
空腹時血糖
110mg/dL以上
中性脂肪
150mg/dL以上
且つ / または
HDLコレステロール
40mg/dL未満

*腹囲は男女ともに内臓脂肪面積≧100cm2に相当。

一緒にこちらの記事も読まれています

内臓脂肪タイプと皮下脂肪タイプがあります

2020年5月9日