新型コロナウイルスの種類と特徴

新型コロナウイルス感染経路とSARSとMERSについて

新型コロナウイルスの感染について

2019年12月31日に中国湖北省の武漢市で新型コロナウイルス感染症の流行が報告されました。

感染者のほとんどは海鮮市場の関係者で魚や獣肉を扱っていたとのことで、現在では市場は2020年1月1日に閉鎖されています。

当初は動物からヒトへの感染のみと考えられていたのですが、武漢市からのタイや日本への旅行者からも新型コロナウイルスの感染が確認されたことにより、ヒトからヒトへ感染することが判明しました。

コロナウイルスとは

コロナウイルス(英語: coronavirus)は、ゲノムとしてリボ核酸(RNA)をもつ一本鎖プラス鎖RNAウイルスで、哺乳類や鳥類に病気を引き起こすウイルスのグループの1つです。

ヒトに感染するコロナウイルスは6種類あります。

6種類のコロナウイルス

  • 重症急性呼吸器症候群(SARS)・・・起源はコウモリ
  • 中東呼吸器症候群(MERS)・・・起源はヒトコブラクダ
  • 4種のコロナウイルス・・・季節性インフルエンザ

コロナウイルスは様々な種類がありますが、そのうちの約10〜15%はヒトに日常的に感染を起こす「いわゆる風邪」の原因となります。

大半のコロナウイルスはコウモリやラクダ、猫などの動物の間だけで感染しますが、ごくまれにコロナウイルスが変異を起こすと動物だけではなくヒトに感染して流行することが確認されています。

SARSとMERSについて

コロナウイルスでこれまでにヒトに対して集団発生を起こしたは、SARSMERSの2種類があります。
今回の「新型コロナウイルス」は、この2種類とは異なる新しいウイルスです。
新型コロナウイルスは、動物からヒトへの感染から、ヒトからヒトへと感染が拡大しています。

ラベル名

  • SARS(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)・・・2002年に中国広東省で発生したコウモリのコロナウイルスがヒトに感染して重症肺炎を引き起こしたコロナウイルス。
  • MERS(中東呼吸器症候群コロナウイルス)・・・2012年にサウジアラビアで発見されたヒトコブラクダのウイルスがヒトに感染し重症肺炎を引き起こしたコロナウイルス。

一緒にこちらの記事も読まれています

新型コロナウイルスの情報整理

2020年3月1日