COVID-19の治療と予防

新型コロナウイルスの治療

新型コロナウイルス(COVID-19)の治療薬やワクチンはまだかいやつされていないので、症状に応じた治療を行います。

抗HIV薬のロピナビル・リトナビル、新型インフルエンザ治療薬のファビピラビルが酸素投与が必要な重症例に対して試験的に使われています。

新型コロナウイルスの予防

新型コロナウイルス(COVID-19)の予防は基本的にかぜやインフルエンザと同様となります。

  • マスクの着用・・・新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染です。マスクは咳やくしゃみでウイルスなどが飛び散って他人に感染するのを防ぎます。咳やくしゃみなどの症状がある方は積極的に使用してください。
  • 石けんやアルコール消毒液などによる手洗い・・・新型コロナウイルスはアルコール消毒(70%)などで感染力を失います。外出後、トイレに行くときや食事の前、鼻をかんだ後、咳やくしゃみをしたときにこまめに消毒をしましょう。
  • 粘膜にふれる前に気をつける・・・手を洗わずに、目や鼻、口などを触らないようにしましょう。
  • 濃厚接触を避ける・・・かぜ症状のある方との接触を避けるようにしましょう。
  • 体調の悪いときは外出をしない・・・新たな感染拡大を防ぐため、不要不急の外出は避けましょう。
  • 身の回りのアルコール消毒・・・よく触るテーブルの表面などは消毒スプレーでよく拭きましょう。
  • 咳エチケット・・・咳やくしゃみを手でおさえると、その手で触ったドアノブなど周囲のものにウイルスが付着するので他の人に病気をうつす可能性があります。
    マスクを使用していない時に咳やくしゃみをするときは、ティッシュやハンカチ、腕で覆うなどして口や鼻をおさえましょう。

一緒にこちらの記事も読まれています

新型コロナウイルスの感染状況

2020年3月1日