中途覚醒と睡眠薬

5018
睡眠薬は効果について


中途覚醒の人には睡眠薬があまり効かないという口コミをよく目にします。
中途覚醒は寝付いた後に目が覚めるというものですが、1度目が覚めるとなかなか寝付けない人や、目が覚めてもまたすぐに眠れるが何回も目がさめてしまうなどいろいろあります。

医師はその症状あった睡眠薬を処方します。
症状が軽ければ軽い薬を処方されますが、実際に使用してみると軽すぎて効果がなかったということがあります。
中途覚醒の治療薬は何回か試していくうちにあった薬を見つけていくケースが多いです。
人により様々な症状があるため、睡眠薬が自分にあった物でなければ効かないと感じることもあります。
また市販の睡眠薬(睡眠改善薬)は、なかなか人によって効果がないという場合もあるようです。

中途覚醒は眠りが浅いために起こるのですが、睡眠薬だけでなくサプリも併用することで良い睡眠が期待できると言われています。

睡眠ホルモンメラトニンを分泌するトリプトファンなどを摂取するサプリや、睡眠を改善するサプリなどいろいろありますので是非お試しください。

中途覚醒の場合、ひどい場合は睡眠薬の補助的にサプリを使う場合もあります。

薬だけに頼らず毎日適度な運動をするようにして良い睡眠をするための生活改善を考えてみるのも大切です。
どうしても眠れない入眠障害などとは違い、軽い中途覚醒は睡眠が浅いだけということなので、精神を安定させ、適度に疲労をさせることが大切です。

次のページ中途覚醒の市販薬について詳しく解説いたします。