中途覚醒を自分自信で対処するコツ

中途覚醒の対処法について

中途覚醒の対処法は、とてもつらいときに使用するという応急処置としての市販の睡眠改善薬の服用と医師による薬物治療があります。
薬物治療で処方される睡眠薬はやめれば症状は戻ってしまうので、サプリや漢方やカウンセリングなどを組み合わせて治療することが多いです。

自分で改善するには

自分でできる対処法

  • 禁煙(減煙)
  • 禁酒(減酒)
  • セロトニンの分泌を増やす(セロトニンを増やすには)

自分できる中途覚醒の改善はこれらが挙げられます。
改善されるまで継続しましょう。

また、ストレスを解消することも重要ですので、まず目の前にあるストレスの原因を解消していきましょう。
ストレスの原因を解消することも大切ですが、ストレスを受けないようにすることも重要となります。
そのためにはゆっくりと心身を休めることを心がけてください。

旅行に行ってリフレッシュしたり、趣味に没頭したり、アロマバスでのんびりするのも良いでしょう。

睡眠障害は交感神経副交感神経の乱れが原因になっていることが多いので、交感神経を静めるために睡眠に入る2時間ほど前から電気を暗めにすることで中途覚醒が改善されます。
睡眠ホルモンであるトリプトファンを作るのが重要ですが、なかなか食品から摂れないという人はサプリなどを上手に利用するといいでしょう。
ただし、トリプトファンだけではセロトニンは作れません。
腸内のセロトニンの前駆体とトリプトファンが合体することでセロトニンになので、腸内環境を整えることも重要となります。
他にもさまざまな睡眠のためのサプリが出ているので、自分にあったものを探すのも1つの改善方法です。

一緒にこちらの記事も読まれています

中途覚醒の改善には生活リズムを整える

2020年3月1日