カンジダ膣炎の症状

55931
カンジダ膣炎とSTD(性病・性感染症)

カンジダ膣炎STDと思われがちですが、常在菌であるカンジダ菌が炎症を起こす病気です。
カンジダは主に性器のまわりで発生しますが性病ではなく、感染する病気でもはありません。

カンジダ膣炎の症状
  • 膣と膣周辺が痒くなる
  • 膣がヒリヒリする
  • 膣が熱く感じる
  • 膣の外側に発疹ができる
  • 粘度が高いおりものが出る
  • 白いおりものが出る
  • カッテージチーズ酒粕のようなのおりものが出る
  • 排尿時の痛みを感じる
  • 性交時の痛みを感じる

カンジタ膣炎で一番多いのは、外陰部が我慢できないほど痒くなるのと、おりものの異常です。

外陰部の痒みについて

女性のカンジダ膣炎で一番つらいのが外陰部の強烈な痒みです。

症状が悪化するとどんどん皮膚が赤くなり、耐えがたい痒みに襲われます。
痒みで眠れなくなったり、無意識に寝ている間にでかいてしまうことで皮膚が荒れてしまう方が多いそうです。

女性のデリケートゾーンの痒みに対しての市販薬のCMをよく目にすると思いますが、それらはカンジダ膣炎の用のものとなります。

おりものの異常について

カンジダ膣炎を発症すると、おりものの量・色・テクスチャー・臭いに変化があらわれます。
まず、量は平常時と比べて多くなります。
色は白・黄色・緑色などの色味をおびたおりものが出るようになります。
テクスチャーは平常時と比べるとヨーグルトチーズのようなドロドロした状態になることが多いです。
臭いは生臭い刺激臭が出ることもあります。

上記の以外のカンジダ膣炎の症状としては排尿痛性交痛があります。

カンジダ膣炎はしっかり対処すれば完治する病気ですので、少しでも自覚症状が出た場合にはすぐに病院に行くようにしましょう。

次のページで、カンジダ膣炎の原因について詳しく解説いたします。