ジストニアの原因と診察方法


↓↓売れています↓↓
コレステロールと中性脂肪どちらも対策!
「大正製薬のDHA・EPA」

ジストニアの原因について

特発性ジストニアは主に遺伝子異常による遺伝性のものとされることが多いと言われていますが病理学的研究では脳に明確な異常は認められていません。
続発性ジストニアは別の病気などが原因でおこるもので、向精神薬などの副作用や、脳挫傷などの外傷、血管障害代謝異常によるもだと言われています。

二次的に他の疾患の後遺症で起こる場合には、MRICTの検査で大脳基底核の中(特に淡蒼球)に病変が見つかったり、病理学的変化があることもあります。

二次性ジストニアは病変が大脳基底核にあるので、特発性ジストニアでも脳の同じ部分が侵されるものだと考えられていますが、いまだに不明な点が多いです。

ジストニアの診察


↓↓売れています↓↓
コレステロールと中性脂肪どちらも対策!
「大正製薬のDHA・EPA」

ジストニアで病院を受診する場合は脳や神経、筋肉の疾患を扱う神経内科になります。
その他では精神科、心療内科、脳神経外科、整形外科、リハビリテーション科、眼科、耳鼻咽喉科など、でも診療することがあります。

ジストニアは比較的まれな疾患でなので、多くの医師は症例を見たことが無いのが実情です。
ジストニアの診断と治療ができるのは、十分な知識と特別な訓練を受けている医師となりますので、ジストニアの疑いがあるときには、大学病院などの専門外来のある病院を受診するようにしてください。

ジストニアの診断のために行われる検査は、頭部CT・MRI・脳波・筋電図・血液検査などがあります。

ジストニアの検査の種類と診断について

2020年3月1日
↓↓売れています↓↓
コレステロールと中性脂肪どちらも対策!
「大正製薬のDHA・EPA」