ランソプラゾールの効能と副作用

逆流性食道炎、ランソプラゾールイメージ

こちらも読まれています

ランソプラゾールの特徴

ランソプラゾールは胃酸の分泌を抑えて消化性潰瘍の治療を目的として開発された薬です。
胃液を分泌する際にプロトンポンプと呼ばれる酵素が働くのですが、ランソプラゾールはプロトンポンプの働きを阻害することで胃酸が分泌されるのを抑えます。

ランソプラゾールは他のプロトンポンプ阻害薬と比べると、「強く」「長く」「すぐに」効果が出るのが特徴です。
また、ランソプラゾールは胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因と言われているヘリコバクター・ピロリ菌の取り除くと言われています。

ランソプラゾールの対象疾患と効果

ランソプラゾールの対象疾患

  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 吻合部潰瘍
  • 逆流性食道炎
  • 非びらん性胃食道逆流症
  • Zollinger‒Ellison症候群

ランソプラゾールの効果

下記のヘリコバクター・ピロリの除菌の補助

  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 胃MALTリンパ腫
  • 特発性血小板減少性紫斑病
  • 早期胃癌に対する内視鏡的治療後の胃

ランソプラゾールの副作用

こちらも読まれています

副作用 症状
肝機能障害 皮膚や白目が黄色くなる(黄疸)・倦怠感・食欲不振
アナフィラキシー反応 全身の発疹・息苦しい・顔面のむくみ
血小板減少・貧血 発熱・倦怠感・息切れ・鼻血・皮下出血・赤褐色の尿
間質性肺炎 発熱・から咳・息苦しい
間質性腎炎 発熱・皮疹・関節痛

もし上記以外にも気になる症状が出たときには担当の医師または薬剤師に相談してください。

こちらも読まれています

食道がんの死亡率と原因について

2020年3月1日