逆流性食道炎の原因

72978
逆流性食道炎の原因について

逆流性食道炎は、逆流した胃酸食道の粘膜を炎症させて起こりますが、胃酸が逆流する原因は色々あります。

胃酸が逆流する原因
  • 胃酸の過剰分泌・・・食生活の欧米化により、肉や脂肪分が多い食品を日常的に摂取していると、胃の活動が活発になりすぎて胃酸の分泌量が増加してしまい、胃酸の逆流が起きやすくなります。
    また、食物の過剰摂取も胃の活動を活発にするので、 胃酸過多の原因となります。
    [胃の悩みの解決法はこちら]
  • 下部食道括約筋の機能低下・・・下部食道括約筋は食道と胃のつなぎ目にあり、胃から食道への逆流を防ぐ働きをする筋肉で、老化胃の手術などで機能が低下すると、胃酸の逆流が防げなくなります。このために、高齢者の逆流性食道炎の患者が多いと言われています。
  • 腹圧の上昇・・・腹圧も逆流性食道炎と深い関係が有ります。肥満やベルトなどによる腹部への締め付けや、重いものを持ったりしゃがんだりして力むことにより胃が圧迫されて腹圧が上昇し、胃酸の逆流が起こりやすくなるというものです。
    [肥満体質の解消法はこちら]
逆流性食道炎の影響

胃酸の逆流によって引き起こされる胸やけ・嚥下障害・呑酸により、下記のような日常生活に支障をきたすことがあります。

  • 夜ぐっすり眠れない
  • 食べたいものが食べられない
  • 気分が冴えない
  • 仕事や日常生活に支障をきたす

逆流性食道炎は、薬物治療によって症状がよくなる場合がありますので、早めに病院で診察されることをおすすめいたします。

次のページで、逆流性食道炎の検査と診断について詳しく解説いたします。