白内障対策

紫外線カット

白内障対策のメガネやサングラス選び

必ずUVカット仕様で、紫外線新透過率の表示を確認

家庭用品品質表示法」では、サングラスについて「紫外線透過率」の表示が義務付けられています。
例えば「紫外線透過率1%」となっていたら、紫外線を99%カットするという意味です。

購入するときはラベルをきちんと確認して、透過率の低いものを選びましょう。
メガネも紫外線カットのものを選びましょう。

大きめで肌への密着度の高いものを選ぶ

紫外線は、メガネやサングラスと顔の隙間からも入ってきます。
なるべくカットしたいなら、レンズやフレーム部分が大きく、顔との隙間がないタイプを選びましょう。

照明切り替え

眩しいと感じたり、明るいところで新聞や本の文字が見えなくなったりと、白内障の疑いのある症状が出てきたら、照明を白っぽい光(いわゆる白昼色)から赤っぽい光(いわゆる電球色)に切り替えると、眩しさが解消されます。

照明の光は、様々な光の光の集合体です。
白っぽい光には、目の中で散乱しやすい青い成分が多く含まれているので、白内障の人は、より眩しさを感じやすいのです。

白っぽい光の蛍光灯を使っていたリビングでは明るすぎて、新聞や本の文字が見えにくく、普段の生活に不便を感じていた女性は、赤っぽい照明に取り替えることで、快適に過ごされるようにありました。

明るさを測定してみると、前よりも明るいのですが、赤っぽい光では目の中で光の反射が起きにくいため、あまり眩しく感じないのです。

一緒にこちらの記事も読まれています

翼状片とは

2020年3月1日