白内障の治療

薬を使う

水晶体の濁りの進行を目薬でスピードダウン

白内障を根本的に治すには手術が必要です。
しかし、白内障と診断されても、いきなり手術というケースは殆ど無く、日常的に不自由さを感じない程度であれば、経過観察や薬物療法でしばらく様子を見るというのが一般的です。
薬物療法の中心となるのは目薬です。
代表的な目薬に「ピレノキシン」「グルタチオン」などがあります。

  • ピレノキシン製剤:白内障の要因となるキノイド物質の成長を抑制して水晶体が混濁化するのを防止します。
  • グルタチオン製剤抗酸化物質の一つで、白内障の進行とともに減少するグルタチオンの量の不足分を補います。不溶性たんぱく質の増加を抑えて水晶体の透明度を保ち、白内障の発症や進行を遅らせます。

一度白く濁った水晶体を透明な状態に戻したり、視力を回復させる薬はまだ開発されていませんが、点眼を続けることによって水晶体が濁るスピードを遅らせることができます。

点眼と合わせてUVカット対策も忘れずに

白内障は年を取ればだれにでも起こりうる病気です。
白髪などと同じ老化現象の一つとえいます。
ただし、年齢に比例して、誰にも平等に症状が現れるわけではありません。
一つの原因として、紫外線が水晶体の濁りを促進させることがわかっています。
メガネやサングラスなどで紫外線から目を守ることで進行を遅らせることが期待できます。

一緒にこちらの記事も読まれています

白内障の手術とは

2020年3月1日