糖尿病網膜症の進行

糖尿病網膜症の進み方

一般的に糖尿病を発症して5年ほどたってから症状が見られるようになります。

レベル1.単純網膜症
網膜の毛細血管がもろくなり、小さなコブ(毛細血管瘤)や、針でついたような小さな出血、むくみなどが生じます。
レベル2.前増殖網膜症
さらに症状が進行すると、毛細血管が詰まって血流が途絶える箇所も出てきます。
網膜細胞は酸欠状態に陥ります。
レベル3.増殖網膜症
新生血管ができて、網膜の上に薄い膜が出現します。
新生血管はもろくて切れやすく、出血が起こります。

眼底検査で糖尿網膜症の進行をチェック

糖尿病網膜症は気づかぬうちに発症・進行していることが多いもの。
糖尿病と診断されたら、定期的に眼科で検診を受けることが大切です。

高血圧網膜症とは

網膜症は、言ってみれば網膜内の血管障害です。
血管障害を起こす全身病には、糖尿病の他、高血圧があります。
高血圧の合併症として現れる「高血圧網膜症」のメカニズム・進行過程は、糖尿病網膜症と似ていると考えてよいでしょう。

降圧薬による高血圧治療が進歩した現在では、症状が末期の増殖網膜症にまで進行して失明に至るケースはまれになってきましたが、一旦視力障害が起こると回復は困難です。
血圧の高い人は、定期的に眼底検査を受けるようにしましょう。

血管の状態を簡単に観察できる眼底は、全身の血管の状態を映す鏡です。
網膜症以外の高血圧合併症の危険をいち早くキャッチするためにも、眼底検査は役立ちます。

一緒にこちらの記事も読まれています

糖尿病網膜症の診断

早期発見のためのチェック

2020年3月1日