低用量ピルのよくある質問と回答

0
今まで解消できなかった不安や疑問にお答えします

低用量ピルは避妊薬として利用する以外にも、女性に役立つ使い方があります。
今までどうしても解消できなかった不安や疑問にお答え致します。

また、飲んでみようと思った時に必要な情報もまとめました。

基本編

知っておきたい低用量ピルの基本知識

Q1.本当に副作用はないの?

A.数十億人が飲んだ安全な薬です

ピルにつきまとう副作用のイメージは、40年前の中用量、高用量ピルによるもの。
日本で1999年から使わている低用量ピルは、それらの数10分の1とホルモン量が少ないため、副作用はほとんどありません。
重い副作用には血栓症心筋梗塞などがありますが、日本人にはまれです。
血栓症で言えば妊娠中のほうがリスクが高く、10万人に1人の割合です。
ピルはもっと少ないです。
ピルの歴史は長く、これまで合計数十億人が飲んできた安全性の高い薬です。

Q2.太るって聞いたけれど?

A.ピルによる体重増加はありません

低用最ピルで太ることはありません
飲み始め1、2か月に限って起こるマイナートラブルで、むくむ人がわずかにいて、一時的に体重が増加した人もわずかにいます。
そういう人でも3か月もすれば、むくみもなくなり体重はもとに戻ります。
低用量ピルで健康になり、食事が美味しくなり太ったという人はいます。

Q3.生理不順、生理痛が治るの?

A.生理は規則的で痛みも軽減!

低用量ピルは女性ホルモンのバランスを良くするため、生理周期を規則正しくします
ですから、次の生理がいつくるか正確にわかります。
また卵巣を休ませることができ、子宮内膜の収縮もほとんどなくなります
そのため生理時の出血量も、生理痛も軽減されるのです。
毎月の生理でつらい思いをしていた人ほど、生理痛や貧血から開放され、驚くほどの効果を感じる人もいます。

Q4.タバコを吸っていたら飲めない?

A.35歳異常で1日15本以上はNG

白人女性の統計で、35歳以上で1日15本以喫煙する人ヘビースモーカー)が低用量ピルを飲むと血栓症のリスクが高まり、10万人に二人の割合で血栓症が報告されています。
でも、でも、アジア人は白人より血栓症のリスクはずっと低いため、神経質にならなくても良いそうです。
30代で喫煙していてもヘビースモーカーでなければ処方はされます。
ただし、喫煙は健康を害するため禁煙おすすめします。
喫煙と比べたら、ピルなどの薬の副作用はまったくないといってもいいくらいです。

Q5.どんな種類があるの?

A.21錠タイプと28錠タイプがあります。

低用量ピルは1日ー回1錠を、毎日だいたい同じ時間に飲みます。
低用量ピルには、21錠28錠の2タイプがあります。

21錠は1日1錠を21日間飲み、飲み終わったら7日間休み、次のシートを飲み始めます。
最後の錠剤を飲んでから、2〜4日後に生理のような出血があります。

28錠には、21錠+ホルモンの含まれていない偽薬が7錠ついています。
次のシートの飲み始めの日を忘れないようにするためです。

Q6.飲み忘れたらどうなるの?

A.1日忘れても気づいたら飲めば大丈夫

もし、飲み忘れたら、飲み忘れが 1日の場合、気づいたらすぐ1錠飲みその日の分も1錠飲みます
2日以上忘れても、気づいたら1錠飲み、その後は同じように飲みます。

ただし、避妊効果が薄れるので7日間はほかの避妊法を行います
もし、飲み忘れて生理と同しような出血がきたら、新しいシートの頭から飲み始めればOKです。

Q7.どこで、どうやって手に入れるの?

A.医師に処方してもらいます

医師に処方してもらいます。
医師に処方してもらう処方薬でに産婦人科医が処方しています。

2005年の低用量ピルに関するガイドラインの変更で、医師の血圧測定で異常がなければ、その他の検査なしで処方可能になりました。
内診などはなくても処方されます。
飲み始めてからも必要と決められた検査はありません

Q8.値段はいくらするの?

A.1シート2,000〜4,000円

保険適用外の薬ですので、クリニックによって多少差があります。
1シート(ひと月分)2,000〜4,000円です。
それ以外に初診料などがかかります。

生理不順月経困難症子宮内膜症などで中用量ピルは保険が使えますが、低用量ピルは残念ながら保険適用外です。

Q9.妊娠や出産、生まれる赤ちゃんに影響ないの?

A.逆に不妊症を予防てきます

飲み続けても、体内に薬の成分は蓄積しません

海外で行われた臨床調査で、低用量ピルを服用していない人と比べ、不妊や赤ちゃんへの異常が増えるなどの報告はありません
逆に女性ホルモンのバランスが整っため、不妊予防になります。

応用編

低用量ピルを役立てるために知っておきたい情報

Q1.ホルモンを調整するなんて不自然では?

A.約500回もの生理のほうがずっと不自然です

女性にとって自然とはどのような状況でしょうか。
本来、生理サイクルは、子孫を残すための妊娠・出産に備えて毎月繰り返されるものです。
昔の女性は、何度も妊娠・出産を繰り返し、一生のうちで生理は40〜50回ほどしかありませんでした。
ところが、妊娠・出産回数が激減している現代女性は、一生の間に生理を400〜500回も繰り返しています。
これは人類始まって依頼のことで、この事自体、生物にとってとても不自然なことです。
一生涯に1〜2人しか子どもを産まない現代女性は、卵巣を必要以上に酷使しています

低用量ピルは、実際の女性ホルモンと同じものを服用して、ホルモンバランスを整え、卵巣を休ませる作用をしているだけです。
特に危険な薬でも、不自然なことをしているわけでもありません。
低用量ピルを使わず不調を我慢するのか、使って快適に過ごすかはご自身次第です。

Q2.肌がキレイになるって本当?

A.ニキビや肌荒れにも効く!

低用量ピルで、ニキビ吹き出物が改善する人はとても多いです。
特に、男性ホルモンが多いことでできる、ニキビや吹き出物には効果があります。
また、女性ホルモンのバランスが崩れることでできる、大人のニキビPMS(月経前症候群)で生理前にできる吹き出物にも効果があります。

ほかに低用量ピルは多毛症の治療にも使われています。
また、プレ更年期(←詳細はクリック)で起こる肌荒れや肌の乾燥などの症状に、効果が出る人もいます。
これらの肌トラブルのある人は、3か月だけでも試してみる価値はあると思います。

Q3.他の薬と一緒に飲んでも大丈夫?

A.ほとんとの薬はOKです

ほとんどの薬は一緒に飲んでもかまいません。
風邪薬頭痛薬胃薬漢方薬などはまったく問題ありません
ただし、 一緒に飲ん 飲んでではいけない薬がごく少数あります。

例えば、

  • 抗てんかん薬
  • 抗結核薬
  • 抗生物質
  • ホルモン薬
  • 免疫抑制剤
  • うつ病の薬
  • 高血圧の薬
  • 抗HIV薬
  • ハーブのセントジョーンズワートの健康食品

など。

念のため、病気の治療を受けるときには低用量ピルの服用を伝えましょう

Q4.生理を遅らせる方法は?

A.続けて飲むだけて生理をずらせます

低用量ピルには、すべての錠剤のホルモン量が同じ一相性のタイプと、錠剤ごとに3段階にホルモン量が変化する三相性のタイプがあります。

まず、一相性で生理を遅らせる場合は、21錠目まで飲んだら、続けて新しいシートの頭(最初)の錠剤から飲んでいきます。
遅らせたいだけ飲んでいけば、生理は起こりません。

次に、三相性の場合は、別の新しいシートから21錠目と同じ色の錠剤を遅らせたいだけ飲んでいきます。
旅行や出張の日程にあたらないように、生理を自分でコントロールできるので、働く女性には便利です。

Q5.ずっと飲み続けてもいいの?

A.生理のある期間は大丈夫です

生理のある間は、初潮から閉経まで、ずっと飲み続けても大丈夫です。
休薬期間をおく必要はありません。
また、妊娠したいときにやめれば、その翌月(遅くとも3 か月後)から排卵が起こり、妊娠可能になります。
いつ服用をやめてもOKですが、なるべくそのシートは飲みきってから、やめるようにしましょう。
一度やめても、必要を感じたときに、再度飲み始めることもできます。

例えば、生理を遅らせたいときに事前に飲み始め、その後、飲むのをやめて、また必要なときに飲み始めるなど、自由にに使えます

気になる症状がある人は試してみては

低用量ピルや女性ホルモンに関する不安が減り、イメージが少し変わったのではないでしようか。

低用量ピルはそれほど、怖くて危険な薬でもなさそうです。
低用量ピルを服用できない方は妊娠中授乳中高血圧血栓症脂質代謝異常、前兆をともなう激しい片頭痛不正出血乳がん子宮がん糖尿病35歳以上で1日15本以上の喫煙者などの人です。

低用量ピルを服用できない方
  • 妊娠中
  • 授乳中
  • 高血圧
  • 血栓症
  • 脂質代謝異常
  • 前兆をともなう激しい片頭痛がある
  • 不正出血
  • 乳がん
  • 子宮がん
  • 糖尿病
  • 35歳以上で1日15本以上の喫煙者

ということは、健康な女性であれば、だれもが飲める薬でもあるということになります。
特に、生理痛がある、生理時の出血量が多い、生理周期がバラバラで一定しない、生理前にさまざまな不調が起こるPMS月経前症候群)、ニキビや肌荒れがある、などの人には、 つらい症状を軽減、あるいは改善する効果が期待できるので、試してみる価値はあるかもしれません。


次のページで低用量ピルの入手方法について詳しく解説いたします。