抗パーキンソン病薬の一覧と詳細

抗パーキンソン病薬一覧

L-ドーパ製剤とドパミンアゴニスト以外の補助的に使われる抗パーキンソン病薬一覧。

MAOB阻害薬

  • 薬剤名:セレギリン(商品名:エフピー)

ドパミンを脳内で分解してしまうMAOB(モノアミン酸化酵素B)という酵素の働きを抑制する薬で、脳内のドパミン濃度を40~50%上げることができます。

セレギリンの使用の際は、セロトニン症候群(セロトニン中毒)を誘発する危険性があるため、三環系抗うつ薬、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)との併用はできません。

COMT阻害薬

  • 薬剤名:エンタカポン(商品名:コムタン)

COMT阻害薬(カテコール-O-メチル基転移酵素阻害薬)は、主に肝臓などの脳以外の臓器でのL-ドーパの分解を抑え、L-ドーパの効果を長続きさせる作用があります。

特に進行期のウェアリング・オフに効果がありますが、L-ドパの利用効率を上げる薬なので、必ずDCI合剤と一緒に使用します。

副作用としてジスキネジア、悪心、下痢や便秘といった消化器症状も出ることがあります。

ドパミン放出促進薬

  • 薬剤名:アマンタジン(商品名:シンメトレル)

A型インフルエンザに対する抗ウイルス薬として開発された薬ですが、ドパミンが遊離されるのを促進することから抗パーキンソン病薬として使用されます。

進行期のジスキネジアを抑制しますが、持続効果は8カ月以下になります。

アマンタジンは比較的に精神症状や紹介気症状などの副作用は少ない薬ですが、腎排泄なので、腎障害のある患者さんや高齢者では少量からはじめます。

一緒にこちらの記事も読まれています

抗パーキンソン病薬一覧(つづき)

2020年3月1日