子宮筋腫の症状

119483
子宮筋腫の症状

子宮筋腫の症状は大きく分けると9つあります。
子宮筋腫がある方すべてに症状が出るわけではなく、6~7割の方は無症状で、子宮筋腫ができていることすら気づかない方がたくさんいます。
子宮筋腫の症状は大きさや発生場所により症状は様々です。

過多月経

最も多く見られる症状で、月経中の出血量が多い・10日以上続く・レバーの様な血のかたまりがたくさん出ます。
貧血になりやすくなるのですが、子宮筋腫が原因の貧血は鉄欠乏性貧血と言われるものです。

下腹部痛・腰痛

子宮筋腫によっては下腹部痛腰痛の症状がでます。
陣痛のような激しい痛みからにぶい痛みなどさまざまで、月経中にだけでなく痛みがあらわれます。

おりもの

粘膜下筋腫があると、表層を覆っている子宮内膜がただれてサラサラの分泌物が排出されるようになり、水っぽいおりものが増えます。
が混じったり黄色いおりものが出ることもありますが、サラサラした水のようなおりものが大量に出る病気は子宮頸がんや子宮体がんなどを発症している場合があるので早目に病院で検査をしてください。

おりものの変化の原因となるカンジダ膣炎についてはこちら >

月経困難症

月経困難症の症状は、月経の時に下腹部痛・腰痛・頭痛・発熱・吐き気などがあります。
30%〜70%の女性は月経困難症を患っていると言われ、中には治療が必要になるほど重度の方もいます。
月経困難症約50%の女性は子宮内膜症になっていて、重症化してしまうと不妊症になる可能性もあります。

性交痛

性交時に痛みを感じる原因が筋腫の場合は、放置するほど痛みが強くなるのですぐに治療するようにしてください。

頻尿・尿失禁・尿閉

子宮筋腫が膀胱を圧迫することで膀胱の容量が小さくなって頻尿になります。
尿道が引っ張られるように圧迫されると尿失禁尿閉になります。

便秘

子宮筋腫が直腸を圧迫すると便が通過しづらくなり便秘になります。
慢性的な便秘は子宮筋腫が原因の場合があるので注意しましょう。

下腹部のしこり

子宮筋腫がかなり大きくなると下腹部に固いしこりが認められます。
触って分かるほどだと子宮全体が赤ちゃんの頭くらいの大きさになっている可能性があります。

不妊

粘膜下筋腫筋層内筋腫が原因で子宮内膜がでこぼこに変形していると、精子卵子が受精しても受精卵着床しにくく、仮に着床しても流産しやすくなってしまいます。

次のページで、子宮筋腫の種類について詳しく解説いたします。