子宮頸がん・子宮体がんの症状

93006
子宮頸がん・子宮体がんの症状
子宮頸がん

子宮頸がんは初期では症状がなにも見られないケースがほとんどです。
従って、初期に子宮頸がんを発見するためには、検診を受けることが重要です。

進行してきてしまうと、不正出血おりものの異常性交時の出血などの症状がみられてきます。これらの異常が見られたときには、すでにがんが進行してしまっていることも多いため、やはり日頃から検診を受け、早期に発見できるように心がけましょう。

子宮体がん

子宮体がんの一般的な初期症状としては、不正出血とおりものの異常があげられます。

不正出血については、生理がある方と閉経後の方、閉経が近づいている方で判別は異なってきます。

生理がある方で1〜2日で終る少量の出血があったとしても、排卵時期の出血の可能性もあるので様子を見ましょう。

また、閉経が近づいている方についても生理不順になりがちなので、不正出血なのか生理なのか分からないケースが多いです。

ただ、閉経後に不正出血があった場合は、子宮体がんの疑いが高いので、速やかに診察をしてもらってください。
子宮体がんの患者のうち8〜9割不正出血による受診をきっかけとして発見されています。

おりものの異常については、おりものの量が増えた、水っぽい茶色っぽく血が混じっているにおいがするなど、普段と違いがみられる場合は、婦人科で診察を受けてください。

おりものの異常で子宮がんが見つかることもあります。

また、他の病気の可能性もありますので診察を受けてみましょう。

次のページで、子宮頸がんと子宮体がんの原因について詳しく解説いたします。