正常圧水頭症の術後

↓↓売れています↓↓
コレステロールと中性脂肪どちらも対策!
「大正製薬のDHA・EPA」


正常圧水頭症の術後と介護

手術は徐々に改善の可能性がある

歩行障害は手術によって、約90%改善が見られているようです。
認知症の症状や尿失禁などに対しては、人によって様々ですが、5~60%程度改善されると言われています。

歩行のリハビリが重要

歩行が出来るので散歩をしてリハビリをしましょう。
身体機能が上がり、脳への刺激にもなりますので、家の近くなどをウォーキングするのがよいとされています。
歩行が安定しても、転倒の危険性はありますので、外出される際は付添の方と一緒に出かけてください。

家の中では転倒をしないようにする環境を整えることが大事です。
毛足の長いラグやカーペットは躓きやすいので、ネットなどで売っているつまずき防止のスロープを設置したり、全体的にバリアフリーになるよう工夫することが必要です。

部屋の位置を変える

↓↓売れています↓↓
コレステロールと中性脂肪どちらも対策!
「大正製薬のDHA・EPA」


失禁は、治療後に我慢出来る時間が長くなる場合が多くなります。
歩行障害も改善されているので、トイレに間に合うようになることが増えますが、回復には個人差があるので、トイレが部屋と離れている場合には、部屋をトイレの近くに変えることをおすすめします。

無理をしないことが重要

正常圧水頭症は、治療の開始時期によって改善の程度が大きく異なります。
症状が進んでしまってから治療した場合は大きな改善が期待出来ないこともありますが、それでもリハビリを行う事で徐々に改善されるます。

意欲低下などが見られる場合に無理強いをしてしまうと逆に抵抗を感じてしまうので、趣味に興じたり、本を読んだり、昔話をしたりするのも良いです。

1人きりにさせないで、なるべくコミュニケーションを取るようにしましょう。

パニック障害と呼吸困難の症状イメージ

パニック障害の幅広い症状とは

2020年3月1日
↓↓売れています↓↓
コレステロールと中性脂肪どちらも対策!
「大正製薬のDHA・EPA」