レビー小体という物質が脳内に蓄積するレビー小体型認知症

レビー小体_認知症

レビー小体型認知症とは

レビー小体型認知症は、レビー小体と呼ばれるタンパク質の塊が脳に蓄積し、脳内の神経細胞が劣化して最終的には脳内の細胞が死ぬ病気です。
認知症の症状は、レビー小体が脳の最も外側の大脳皮質に蓄積すると発生します。
脳の中心にある脳幹に蓄積すると、パーキンソン病特有の動きが遅くなる、手足がこわばる、歩行困難、手の震えなどの症状が発生することがあります。

レビー小体型認知症では、脳内の神経伝達物質であるアセチルコリンはアルツハイマー型認知症よりもさらに低下していることがわかっています。
通常高齢者に発生しますが、まれに30代〜40代の若者にも発症します。
若年性の多くはパーキンソン病の症状から始まり、性格は真面目で几帳面な方が多いと言われております。

レビー小体型認知症の初期症状

はっきりした状態とぼんやりした状態を繰り返す

曜日や時間帯によって、「はっきりした状態」と「ぼんやりした状態」が切り替わります。
ぼんやりした状態では理解と判断の能力が低下します。
繰り返しのタイミングは数時間ごと、数日ごとと人によって異なります。

寝ているときに突然騒ぎ出す

浅い眠りのREM睡眠状態では、睡眠中に大声で叫んだり大暴れすることがあります。
せん妄」に似ていますが、目覚めるとその時の言動や行動を覚えていることがあります。

妄想に対してから怒りだす

実際には存在しない物、人物、光景などを見えたりします(幻視)。
奇妙なことを言ったり、妄想に対して怒ったりすることがあります。

抑うつの状態がつづく

疲れやすい、落ち込みやすい、やる気が出ない。
抗うつ薬を飲んでも改善されない状態が続きます。

いろいろな身体症状が出てくる

レビー小体が末梢神経系に影響を与えると、だるさ、疲労感、頻尿、便秘、過度の発汗などといったさまざまな身体症状が現れます。

震え・手足のこわばり・転倒

パーキンソン病に見られる運動障害が現れます。
それらの症状は殆どの場合、認知機能低下の前に起こります。

パーキンソン病の4大症状
  1. 震え(振戦)
  2. 筋肉のこわばり(筋固縮)
  3. 動作が遅くなる(寡動・無動)
  4. 姿勢が保てなくなる(姿勢反射障害)

一緒にこちらの記事も読まれています

レビー小体型認知症の治療

レビー小体型認知症の進行してから出る症状と治療法

2020年6月2日