肌に優しい入浴法


↓↓売れてます↓↓
1膳あたり46円でコロナ太り解消!!

↓↓売れてます↓↓
1膳あたり46円でコロナ太り解消!!

循環風呂はダメ

入浴の仕方は重要です。
シャワーだけではいけません。ぬるめのお風呂にゆっくり20分ぐらい入っていると、毛穴が開いてきます。アトピーの人は汚いものが浮いてきます。それを外に出てぬるいお湯で軽く洗いましょう。熱いお湯は刺激を与えるのでやめましょう
お風呂に入った瞬間、毛穴が全て閉まっているので、長く入るために半身浴に近い形で胸のあたりまで浸かるようにしておくと良いでしょう。そして洗ったあとまた入るときは肩まで浸かるようにすると良いでしょう。
出るときには開いた毛穴をギュッと締めるために水をかぶりましょう。冬は温めのお湯をかぶって下さい。すると皮膚が閉まると同時に肌が鍛えられます。
昔から、お風呂の出掛けに水をかぶると風邪を引かないとか、喘息にならないというのは皮膚が閉まって外邪を防ぐからなのです。

シャンプーの注意点

シャンプーはアレルゲンコントロールしたものを使いましょう。もしアレルゲンコントロールしたものでもダメな場合はパッチテストをして、反応が出たもの以外のオリジナルのものを作ってもらいましょう。

保湿剤と薬湯

お風呂を出たら保湿剤を塗りますが、セラミドプロペロワセリン乳酸軟膏をおすすめします。痒みがあるときは薬湯も良いでしょう。冷えている人は当帰ヨモギ(よもぎ)をいれた薬湯が良いでしょう。夏は黄芩(おうごん)地黄(じおう)苦参(くじん)などを入れた薬湯が良いです

循環風呂はよくない

循環風呂(追い焚き)に入っていて症状がひどくなったとよく聞きます。原因はレジネオラ菌だといわれており、対策としては活性炭を買って蛇口のところに置いてみてください

入浴時に痛みが強い時は、熱いお湯か温泉を当てると一時的に良くなりますので、そのあと保湿剤を塗っておきましょう。

肌を刺激しな弱い温泉がよい

厚ぼったくなった皮膚を剥がすときには、塩分の強い温泉、硫黄泉は良いですが、基本的にはダメです。通常は弱温泉、弱アルカリ泉、単純泉、トリウムやラドン泉などが肌を刺激しないしなめらかになるので良いです。

飲み水とアトピーについて

2020年3月1日
↓↓売れてます↓↓
1膳あたり46円でコロナ太り解消!!
↓↓売れてます↓↓
1膳あたり46円でコロナ太り解消!!