不正出血の予防改善

生活習慣に注意!プライベートの乱れを正して不正出血を予防改善しよう

不正出血の予防及び改善は必ずしも自分だけの力でできるものではありません。
なぜならば、子宮にできた腫瘍が原因となって不正出血が起こっている場合があるためです。
特に子宮がんについてはすべてをあなたの手で予防していくことはほとんど不可能でしょう。

しかしながら不正出血には女性ホルモンのバランスの乱れが原因となって起こるものも存在します。
このような機能性出血に対しては、日常生活をケアすることで予防していくことができます。

女性ホルモンのバランスが乱れやすい時期

はじめに女性ホルモンのバランスが乱れやすい時期について正しい知識を手に入れておきましょう。
女性ホルモンのバランスが乱れやすい時期としては以下の時期が挙げられます。

  • 思春期
  • 更年期
  • 妊娠中
  • 出産直後

これらの時期は、体の中に変化が起こっているため、女性ホルモンのバランスが乱れることを避けることができないことも多くなっています。
そのため、こういった時期の不正出血については、女性ホルモンのバランスを整える薬物治療を受けるのが最も適切です。
また事前に知っておくことで、不正出血に適切に対処することができるようになります。

食生活の乱れを改善しよう

上述した女性ホルモンが乱れやすい時期と関係がないにもかかわらず、不正出血が起こる場合があります。
それらのなかには病気に基づくものもありますが、生活習慣の乱れが女性ホルモンの乱れを引き起こしている場合も存在します。

特に日ごろから過剰な量の喫煙をしていたり、飲酒をしていたりする場合、また睡眠が十分に取れていない場合、食生活に大きな偏りがある場合は、それらを改善していく必要があるでしょう。

具体的には禁煙、禁酒、規則正しい睡眠、栄養バランスの優れた食事を取り入れていくことになります。
またストレスとの付き合い方も、女性ホルモンのバランスを整える意味で重要です。普段から大きなストレスを頻繁に感じていると、それが原因となって女性ホルモンが乱れ、不正出血が起こることがあるのです。

ストレスに関しては、全く感じずに生活することが難しいため、感じたストレスを定期的に解消する手段を持つことを心がけましょう。
ストレス解消の手段は人それぞれであり、あなたに合ったものを探してみてください。
普段運動の習慣を持たない人は、簡単なウォーキングをするだけでもストレスを大きく解消することができます。

また自分が身を置いている環境を見直してみることもストレス解消につながる可能性を秘めています。

次のページで、不正出血の治療について詳しく解説いたします。