不正出血の原因

悪性腫瘍によるものが最も怖い!不正出血の様々な原因を知ろう

不正出血は月経時以外に女性器から出血が起こるものですが、その原因は様々です。
中でも最も怖いのは子宮がんによる不正出血です。
しかし一方で女性ホルモンのバランスの乱れが不正出血を起こしているような場合も存在します。

つまり、出血があっただけでは自分自身にどのような重篤な病が生じているのかを判断することができないのです。
そのため不正出血の原因について網羅的に理解し、出血が起きた際に早期に医師の診察を受けるべき必要性を知っておいてください。

怖いのは悪性腫瘍による不正出血

不正出血の原因の中で最も怖いものがある悪性腫瘍による不正出血です。
悪性腫瘍とは、具体的に子宮頸がん、卵巣腫瘍、子宮肉腫、膣がんなどがあります。これらは総称して子宮がんと呼ばれることも多くなっています。

[子宮がんの詳しい情報はこちら]

がんの治療については早期発見、早期の治療の着手が非常に重要となります。
そのため、不正出血があった際は迅速に専門医の診断を受け、自分自身に子宮がんが発症していないかどうかを見極める必要があるでしょう。

子宮からの不正出血と聞くと非常に恐ろしいですが、裏を返すと不正出血がきっかけとなって子宮がんを早期発見するチャンスがあるということでもあります。
しかし、そのためには必ず専門医の診察を受けることが必要となります。

悪性腫瘍以外の不正出血の原因

悪性腫瘍以外の子宮がんの原因としては以下のものが挙げられます。

  • 炎症によるもの
  • ホルモンバランスの乱れによるもの
  • 良性腫瘍によるもの
  • 妊娠に関係するもの

この中で最も多いのはホルモンバランスの乱れによる不正出血です。
ホルモンバランスが乱れやすい時期としては、思春期および更年期、または妊娠中および出産直後が挙げられます。

ホルモンバランスの乱れによって生じる不正出血については、時間の経過とともにホルモンバランスが整えられることで収まることがほとんどです。
しかしながら、出血量が多いと貧血の症状を併発する恐れもあるため、やはりいちど専門医の診察を受ける必要があるでしょう。

そして、日常生活を送るのに支障のない範囲の治療を続け、ホルモンバランスを正していくことが求められます。
良性腫瘍については、手術などの外科的処置によって完治させることができます。
しかし、腫瘍自体が大きくなっていくと体への負担も大きくなるため、早期発見が大切なのは悪性腫瘍の場合と同じです。

また手術には麻酔のリスクが必ず存在するため、そういった側面からも腫瘍が小さいうちに発見し、薬物で消滅させることができると理想です。

次のページで、不正出血の検査診断について詳しく解説いたします。