一品ダイエット・短期ダイエットはNG

失敗するダイエット

タイエット法にはいいものも悪いものもある

ダイエット情報はテレビなどのメディアでよく取り上げられていて、ネットなどで調べればいくらでも出てきます。
極端な糖質制限脂質制限するもの、サプリメントによる置き換えダイエット、朝バナナダイエットや朝カレーダイエットなどの特定の食品を毎日のように食べるものなどが話題になりますが、それらは大抵リバウンドしたり、栄養バランスが崩れて体調が悪くなったりすることが多く一過性のブームで終わっています。

確かにサプリメントはダイエットの補助としては役立ちますが、あくまで栄養補助食品なのでそれだけに頼るのはいけません。
また、半身浴サウナでたくさん汗をかいても、体内の水分が出ていくだけで脂肪は減りません。

デトックスは体内の有害物質を排出することですが、こちらもやせるという根拠はありません。
いずれも気分転換にはよいかもしれませんが、脂肪を減らすわけではないのです。

よく耳にするダイエットの一覧と注意点

短期やせダイエット 食事量をと極端に減らして1ヶ月で5kg減らしたとしても、筋肉が減りリバウンドしてしまう。
一品ダイエット りんごだけダイエットなど1つの食べ物だけを摂取する食事は栄養が偏るだけでなく不足がちで、脂肪と筋肉が減りリバウンドする。
食事抜きダイエット 食事を抜くダイエットは後にドカ食いしがちなので、数回に分けて少量を食べるほうが太りにくいです。
朝食を抜くとエネルギーが足りず活動量が減ることで太りやすくなるだけでなく胆石症を引き起こしやすくなります。
○○抜きダイエット 3大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質)が偏るとリバウンドしやすくなります。
サプリメントによるダイエット サプリは運動と組み合わせて初めて効果があるので、サプリを飲んだから食べすぎても良い、食べなくても良いというのは間違った考え方です。
部分痩せ エネルギーは全身の脂肪細胞から使われます。
部分的に引き締まっても脂肪が使われたわけではありません。
脂肪をもみだしたりラップを巻いたりするのは効果がありません。
脂肪吸引 脂肪吸引で取れるのは皮下脂肪のみなので、食生活を変えなければすぐに太ります。
また、血管や神経などの組織が傷ついて死亡事故もいくつも発生しています。

「簡単」「誰にでも出来る」には要注意

楽して痩せたいという心理をついて、○○を食べればやせられるなどといった方法が流行っています。
しかしながら、肥満は病気などのを除いては食べ過ぎや運動不足の積み重ねによるものなので、適切な食事と運動を継続することが不可欠です。

ですので、肥満に至った原因である生活習慣を変えずに○○ダイエットを行っても成功するはずがありません。
ダイエットには、近道や裏技はありません。
手軽そうなダイエットを試しては失敗し、別の方法を試すという事を繰り返すよりも、健康的な生活習慣を続けて少しずつ減量していく方が効果的です。

一緒にこちらの記事も読まれています

肥満ダイエットでリバウンド

なぜリバウンドは体に悪いのか

2020年7月24日