肥満体質を変えるホルモン

肥満の原因とダイエットイメージ

↓↓売れています↓↓
コレステロールと中性脂肪どちらも対策!
「大正製薬のDHA・EPA」

肥満知らずの人達に多いやせるホルモン「GLP-1」とは?

やせるホルモン」を分泌しやすい食事をとるだけで「やせ体質」になれるやせるメカニズムを詳しくご紹介します。

スリムな体型をキープしている「美魔女」たちは、実はダイエットとは無縁。
食べると分泌されるホルモン量に違いがありました。

誰もが体内に持っているが人によって分泌量が違う


↓↓売れています↓↓
コレステロールと中性脂肪どちらも対策!
「大正製薬のDHA・EPA」

多くの人が肥満に悩んでいます。

とりわけ年をとると、基礎代謝量が徐々に落ちて、脂肪のつきやすい体になります。
肥満を放置すると、動脈硬化脳梗塞など命に関わる事態を招くことも。
ところが、運動やダイエットもしていないのに、若いころと体型が変わらない「美魔女」のような人がいるのも事実です。

最近の研究で、「太りにくくさせる物質」が見つかり、その「分泌の反応がいい人」がいる可能性があることがわかってきました。
「やせ体質」の人たちで、やせるホルモンの消化管ホルモン「GLP-1」の分泌が高いのではないかというのです。

食後のGLP-1の分泌量を太った人と痩せた人の違いを検証してみたところ、太った人の分泌量が50%増に見たない人が多く、痩せた人はその基準値を大幅に超える方が続出しました。

肥満知らずの人は、「やせるホルモン」と言われる「GLP-1」が好調に分泌されることが実証されました。

肥満と体重計イメージ

やせるホルモンを活性化すると

2020年3月1日
↓↓売れています↓↓
コレステロールと中性脂肪どちらも対策!
「大正製薬のDHA・EPA」