運動のQ&A 有酸素運動と筋トレについて

肥満解消運動のイメージ

運動はただ単に体を動かせばいいというものではありません。
効果的な運動方法、体調悪化の予防するコツをお教えします。

1
Q.運動にお勧めの時間帯はいつですか?

A.朝に散歩など無理のない運動をすることがお勧めです
朝の運動は自律神経が刺激するので基礎代謝が高まります。
また、起床後に日光を浴びることで体内時計がリセットされホルモンバランスが整い、結果太りにくくなります。

2
Q.筋力トレーニングだけでやせることは可能ですか?

A.メタボの方には瞬間的に血圧が上がるのでお勧めしません
強度の高い筋トレは瞬間的に筋肉に強い負荷がかかるので血圧が急上昇しますので、高血圧を併発していることが多い中高年の肥満の人は行わないほうがよいでしょう。
肥満でも若い方で血圧が高くなければ筋トレを取り入れることは特に問題はありません。

3
Q.若いころにスポーツをしていたのに太ってきたのは筋肉がゆるんだのですか?

A.筋肉はゆるみません
ラグビーやアメフトなどで活躍していた体育会の方が社会人になって太ってしまったというケースはよくあることです。
ほとんどの場合は若いころの同じ食事をしていることが原因です。
食習慣は昔のままで運動をしないと当然太ってしまいます。

4
Q.ロコモティブシンドロームってなんですか?

A.要介護リスクが高まる状態のことです
運動器症候群ともいって運動器の障害により要介護になるリスクが高くなることです。
無理のない運動を習慣にすることで筋肉を鍛えて関節を柔軟にしておけば、寝たきりや要介護の予防になります。

一緒にこちらの記事も読まれています

レビー小体_認知症

レビー小体という物質が脳内に蓄積するレビー小体型認知症

2020年6月2日