胃がんの特徴と症状とは

切除部分をできるだけ少なくする手術が多くなってきた
【胃とは】消化吸収を助ける予備的な消化器官

胃は袋状の臓器で、食道という管をとおってきた食べ物は、いったんここで受け止められます。
その後、強い酸性の胃液とまざり、どろどろに溶かされてから、少しずつ十指腸に送りこまれます。

胃は、食道からの入り口部分にあたる「噴門」、中心に位置する「体部」、十二指腸への出口に近い「幽門」の三つに分けられます。

成人男性で1200〜1500ミリリットル、同じく女性で1000〜1200ミリリットルの容積があります。

この胃に発生するがんを、胃がんといいます。

胃そのものに消化・吸収の能力はありません。
その補助的な役割をになう臓器なので、たとえすべて切りとってしまっても(胃全摘)、ただちに生命の危険にむすびつくことはありません。

ただし、貧血の予防に必要なビタミンB12を吸収するためには、胃から分泌されるたんばく質が必須です。
そのため、胃全摘をした場合は、定期的にビタミンB12を補う必要があります。

【胃がんの特徴】粘膜から発生するがん 現在も世界一の発生率

胃の断面は、内側から粘膜層粘膜下層筋層漿膜下層漿膜の五層からなっています。
このうち、がんは胃液や粘液を分泌する粘膜層から発生します。

胃の内側から見ると、がんの場所は表面がへこんでいることか多いのでわかります。
しかし、胃がんの数パーセントは、「スキルス胃がん」といって、胃の表面にはっきりとあらわれず、胃の壁の中でひろがる性質をもっています。
若い女性に比較的多くみられるのが特徴です。

胃がんは、20歳代の若年層にもみられますが、主に40歳代から増加しはじめ、60歳代がピークです。

国内における胃がん患者数は、133,900人(2016年)とがん全体で最多です。
日本だけでなく、世界でもっとも高い発症率ですが、近年は徐々に減少傾向にあります。

また、以前はがん全体における死亡率もトップでしたが、検診などで早期発見されるようになり、死亡率も下かってきました。

【胃がんの症状】初期はほとんど無症状 胃炎に似た症状は注意

早期の胃がんでは、特徴的な症状はなく、上腹部の痛み、胃の膨満感、胸焼け、げっぷ、吐き気などがみられることがあります。
患部からの出血による吐血や下血がみられることもあります。

はじめのうちは空腹時や食後にあらわれることか多く、しだいに慢性的におこるようになります。
しかし、胃がんに特徴的な症状というわけではないので、胃炎胃潰瘍と思いこんでしまうことか多いようです。

がんが進んでくると、食欲がなくなったり、体重か減ったり、貧血になったりすることもあります。
また、食べものがつかえたり、胃のしこりを外から触れることかできるなど、しだいにはっきりした症状があらわれてきます。

次のページ胃がんの原因と予防方法をご紹介いたします。