加齢黄斑変性の特徴とチェック方法

加齢黄斑変性の特徴

加齢黄斑変性は、眼の網膜(もうまく)にある黄斑(おうはん)という部分に異常が現れる病気です。

視野の中心部分が歪んだり暗く見えるのが特徴で、見たい部分が見えにくいので、本を読んだり、文字を書いたりすることが困難になります。
放置すると視力低下が進み、失明する場合もあるので症状が出た場合はすぐに眼科の診療を受けてください。

欧米では加齢黄斑変性患者が多く、失明原因の1位になっている病気です。
これまであまり日本では発症していない病気でしたが、近年患者数が急増していて、失明原因の4位にまで増えています。
加齢黄斑変性は、50歳以上の約1%が発病していて、年齢が上がるほど患者数が増える傾向があり、75歳を超えると急増します。
また、男性の方が発病しやすい傾向があり、女性の約3倍にものぼるといわれています。

加齢黄斑変性の症状

加齢黄斑変性が起こると、見え方にいろいろと障害が出てきます。

  • 視野の中心部分が波打つようにゆがんで見える
  • 視野の中心部分がかすんで見える
  • 周囲はゆがみなく正しく見える

上記の障害が現れたら黄斑変性を疑ってください。
症状が進行すると中心暗点(中心部に黒い影のようなもの)が現れ、見ようとするものが見えなくなります。

また、色が識別できなくなる場合もあります。
初期症状は気づかないことも多い病気でもあるので、見え方に違和感があったり、眼が疲れやすくなったりしたら、自己判断せずにまずは眼科を受診してください。

加齢黄斑変性のチェック方法

下記の図を、読書をする距離で、片方の目だけで中心の白い点を見てください。(老眼鏡着用可)

加齢黄斑変性のチェックシート

加齢黄斑変性のチェックシート

左右の目でそれぞれチェックした結果、 下記3点に当てはまりますか?

  1. 部分的に線がぼやけて見える
  2. 中心がゆがんで見える
  3. 部分的に格子が欠けて見える

1つでも当てはまる場合は黄斑変性症の可能性があるので、 眼科の診療を受けてましょう。

一緒にこちらの記事も読まれています

糖尿病網膜症の2つのタイプ

加齢黄斑変性の2つのタイプ

2020年3月1日