その他のウイルス性腸炎

1407
アデノウイルス腸炎

アデノウイルス腸炎は主に3歳未満乳幼児にみられます。
この年齢層の感染性胃腸炎A群ロタウイルスに次に多いと言われています。
アデノウイルス腸炎は一年を通して感染する恐れがありますが、

  • 夏季にやや多くみられる
  • 比較的軽症
  • 発熱が少ない

という点がA群ロタウイルスと異なります。

札幌ウイルス腸炎

札幌ウイルス腸炎カリシウイルス科に属する直径30~35nmの小型ウイルスです。
ロタウイルスに次いで2歳未満の乳幼児が集団で発生する急性胃腸炎の原因となります。

アストロウイルス腸炎

アストロウイルス腸炎は主に乳幼児に散発性(感染を原因とせずに不特定なことが原因で起こること)の急性胃腸炎を起こします。
老健施設成人の間で流行することもあります。
アストロウイルス腸炎は冬季に発症しますが、一般に軽症嘔吐発熱も少ない腸炎です。

エンテロウイルス感染症

夏に流行するエンテロウイルス感染症の一部には、下痢の症状を起こすこともあります。
またB型インフルエンザウイルスでも胃腸症状を起こすことがあります。

ウイルス性胃腸炎のまとめ
ウイルス科 直径nm 特徴 重症度 迅速診断法
レオウイルス ロタウイルス 70 生後6ヶ月から2才までの乳児に多く、重症化しやすい。冬季に集団発生します。 最重症 あり
カリシウイルス ノロウイルス 27 – 32 学童、成人の食中毒様集団発生、および全年齢層の急性胃腸炎です。 重症 あり
札幌ウイルス 30 – 35 乳幼児の急性胃腸炎で集団発生します。 中等度 なし
アデノウイルス 腸管アデノウイルス 70 – 80 胃腸炎だけでなく、結膜炎、上気道炎、肺炎、虫垂炎、腸重積、出血性膀胱炎などの原因となります。7型重症化します。 中等度 あり
アストロウイルス アストロウイルス 28 – 30 主に乳幼児に散発性の急性胃腸炎を起こします。 軽症 なし
※1nm = 10億分の1メートル

次のページで、細菌性胃腸炎について詳しく解説いたします。