卵巣嚢腫の原因

腫瘍の中に何が溜まるか!?卵巣嚢腫の原因と早期発見の必要性

卵巣嚢腫は無自覚に進行することが多く、早い段階で治療を開始するのが難しい側面があります。
そのため卵巣嚢腫については、原因を知っておくことが症状に素早く気が付くことに繋がるのです。

治療をせずに放置すると、最終的に卵巣嚢腫が大きく膨らみ、破裂する恐れもあります。
その際には大きな痛みを伴います。
また卵巣嚢腫が大きくなればなるほど、外科的な治療の際の体への負担も大きくなります。

症状がない病気だからこそ、早い段階で発見して対処することが求められるのです。

卵巣嚢腫の原因は様々

卵巣嚢腫は卵巣にできた袋状の腫瘍の中に異物が溜まることによって起こります。
そのため腫瘍内部に何が溜まるかにより、具体的な原因は様々です。

以下は卵巣嚢腫の種類ごとの原因です。

  • 成熟嚢胞性奇形腫・・・腫瘍の中に髪の毛や骨の成分が溜まる
  • 子宮内膜症性嚢胞・・・腫瘍の中に生理の血液が溜まる
  • 出血性黄体嚢胞・・・腫瘍の中に排卵時の出血が溜まる

上記からわかるとおり、卵巣嚢腫の原因については避けようがないものも多くなっています。
例えば、通常通りに生活をしていても排卵の際に卵巣内に血液が溜まることさえあるのです。

つまり卵巣嚢腫は女性であれば誰にでも起こり得るものであるということです。
それこそ日常的な営みの中で卵巣嚢腫が形成される恐れがあります。
あなたが女性であれば、いつ自分に卵巣嚢腫が起こってもおかしくないという認識を持っておくべきでしょう。

検診で早期に発見することが大切

このように卵巣嚢腫は普通に生活をしていても、発生する恐れがあります。
そのため日頃から「自分も卵巣嚢腫になるかもしれない」と意識をしておき、定期的な検診を受けることが大切なのです。

卵巣嚢腫は初期の自覚症状がないため、初期の段階で自然に気づくことが難しくなっています。
卵巣自体が体内にあるため、多少の腫れが起きても、外からそれに気づくのが大変に難しいのです。

卵巣嚢腫を発見するためには内診や超音波検診が用いられます。
これらは婦人科で受けることができます。検診を用いて早期に卵巣嚢腫を発見することで、破裂して緊急手術という事態を避けることができるのです。

仮にあなたが「自分は健康的な生活をしているから卵巣嚢腫にならない」と誤った認識を持っていると、知らないうちに腫瘍が大きくなり、激痛で病院に運び込まれるという事態になりかねません。
卵巣嚢腫については毎年定期的にチェックしていきましょう。

次のページで、卵巣嚢腫の検査診断について詳しく解説いたします。