子宮内膜症と卵巣がん

7914
子宮内膜症と卵巣がん

子宮内膜症は、不妊の原因になるだけでなく、卵巣がんとも関係があると言われています。

卵巣には良性、悪性を含めていろいろな種類の腫瘍が発生します。
卵巣がんは卵巣腫瘍全体の約10%にみられます。

すなわち、良性のものが約90%を占め、良性の卵巣嚢腫が悪性化する確率は非常に少ないのですが、卵巣がんになった人の多くは、良性の卵巣嚢腫の上皮が悪性化したものが多いのです(上皮性卵巣がん)。

近年、本来良性の疾患である子宮内膜症によって生じた、卵巣のチョコレート嚢腫から長い経過を経て卵巣がんが発生する人が増加し、問題になっています。
しかも予後の悪いタイプの明細胞がんができやすいので、長期にわたって子宮内膜症の経過観察をする場合には注意を要します。

明細胞がんの約70%に子宮内膜症が併存しているとの報告もあります。
卵巣がんの約85~90%は、卵巣の上皮から発生する上皮性卵巣がんで、40~60歳代に多くみられます。
一方、胚細胞腫瘍と呼ばれるタイプは若年者に多く、発生頻度は非常に少ないものです。
また、卵巣には胃がんや大腸がんなどの消化器がんからの転移性卵巣がんも多くみられます。
乳がんからの転移も増えています。

次のページで、子宮内膜症の治療費と治療内容について詳しく解説いたします。