5人に1人が不眠症と言われています

不眠症イメージ

日本人の5人に1人が夜眠れない!?

夜、なかなか眠れない」途中で目が覚める」など不眠に悩んでいる人は、まずその原因を明らかにしましょう。
疲れを摂るだけでなく、脳を休ませるためにも重要な睡眠。

しかし、日本人の21.4%が何らかの不眠を感じているという調査結果があります。

慢性的な睡眠不足は体内のホルモン分泌や、自律神経機能に大きな影響を及ぼし、不眠によって生活習慣病の罹患リスクが高まったり、症状が悪化するそうです。

不眠症とは?

  • 眠りたいという石があるにも関わらず、睡眠時間が短く、眠りが浅くなる。
  • 4タイプの睡眠問題のいずれかが一ヶ月以上続く。
4タイプの睡眠障害

  1. 入眠障害・・・寝つきが悪い。
  2. 中途覚醒・・・眠りが浅く、途中で何度も目が覚める。
  3. 早期覚醒・・・早期に目が冷めてしまい、それ以降は眠れない
  4. 熟眠障害・・・睡眠時間は長いのに、ぐっすり寝た感じ(熟眠感)が得られない。

日中に倦怠感、意欲の低下、集中力の低下、頭重、めまいなどの不調が出現する。

原因はいろいろ。自分で改善できる場合もあります。

不眠の原因はさまざまで、対処法も異なります。
体や心の病気が原因とみられる場合は、専門医を受信する必要があります。

一方、ストレスや生活習慣の乱れが主な原因の場合は、自分で改善が子のうです。
まずは不眠の原因を明らかにして安眠法を工夫しましょう。

不眠の原因はいろいろあります。

ストレス ストレスや緊張が強いと眠りが妨げられる。
神経質でまじめな人はストレスを感じやすく、眠れないことにこだわるため、不眠に陥りやすい。
生活リズムの乱れ 交代制勤務や夜型の生活で体内リズムが乱れると不眠に繋がる。
24時間活動を続ける現代社会では睡眠のリズムも乱れやすい。
環境 騒音やひかりが気になってね売れない、寝室の温度や湿度が適切でないなど、環境が安眠を妨げる場合がある。
薬や刺激物 コーヒーや紅茶のカフェイン、タバコのニコチンなどは覚醒作用があり、眠りを妨げる場合がある。
治療薬(降圧剤甲状腺製剤抗癌剤など)が不眠をもたらす場合もある。
体の病気 高血圧、心臓病、糖尿病、呼吸器疾患、アレルギー疾患などで不眠になる場合がある。
また睡眠時無呼吸症候群ムズムズ脚症候群など、睡眠にともなって異常が現れる病気もある。
心の病気 心の病気が不眠を伴う場合は多い。
近年はうつ病の患者が増え、それが不眠に繋がる場合も少なくない。

一緒にこちらの記事も読まれています

不眠の原因についてイメージ

不眠の原因とストレス

2020年3月1日