マグネシウムとタンパク質も有効

マグネシウムとタンパク質も有効イメージ

穏やかな作用のマグネシウム

マグネシウム

高血圧の薬物療法でよく使われる薬に、カルシウム拮抗薬というものがあります。
これは、カルシウムが細胞内に取り込まれるのを阻止することで、血圧を低い状態に保つように働く薬です。
マグネシウムは、「天然のカルシウム拮抗薬」といわれています。

もちろん、その作用は穏やかなものですが、食物から日常的に摂取するのならば、副作用の心配もないので安心です。

マグネシウムを多く含んでいる食品は、アーモンドやごまなど種実類、大豆や大豆製品(豆腐・納豆・など)、魚介類、海藻類などです。

ただし、腎臓の働きが弱っている人は、マグネシウムの大量摂取は要注意です。
そのような場合には医師の指導に従ってください。

タンパク質は血管をしなやかに保つ

タンパク質

タンパク質も、高血圧の人には重要な栄養素です。
その理由の一つは、タンパク質を十分に摂取していると、血管がしなやかな弾力を保つことができるからです。
ラットによる実験でも、タンパク質をしっかり与えたグループのほうが、血管がしなやかで丈夫であることがわかっています。

また、タンパク質は体内で利用された後、代謝物が尿の中に排出されます。
この時に、ナトリウム(塩分)も一緒に連れ出すので、ナトリウムの害を減らしてくれます。

ただし、注意したいのは、タンパク質源として肉類を食べ過ぎないことです。
肉類は悪玉コレステロールを増やす飽和脂肪酸を多く含んでいるからです。

他の良質なタンパク質源としては、魚介類、大豆、大豆製品、卵、乳製品があるので、これらをうまくメニューに取り入れましょう。

一緒にこちらの記事も読まれています

タウリンと食物繊維による高血圧対策イメージ

タウリンと食物繊維による高血圧対策

2020年3月1日